アコースティックギター講座 第4弾 あの素晴らしい愛をもう一度 の弾き方。

※このギター講座は、僕が教えている生徒さんに授業の補完の意味合いで作成したものであり、1から10まで全てを説明するものではない事をご了承ください。

「あの素晴らしい愛をもう一度」という曲をスリーフィンガースタイルで弾く為のポイントをまとめてみました。

まずはDEMO演奏をごらんください。

カポ3で、オリジナルキーはB♭です。

 

デモ演奏

 

この曲に出てくるコード

この動画では、前半のサビまでを紹介しています。

出てくるコードはG、Gsus4、Bm、B7、C、D7sus4、D7、Em、Am、A7です。

それでは、各コードの弾き方を見ていきましょう(適当に登場する順番で載せています)。

 

イントロのパターン(G→Gsus4)

intro
 

D7sus4

D7sus4

 

D7

D7
 

G

G

Bm
Bm

 

B7
B7

 

C

C

 

Em

Em

 

Am

Am

 

A7

A7

 

※(注)
イントロ以外、1小節のパターンとなっています。1小節の中にコードが二つ出てくる時は、この半分で弾いてください。

 

まずは、スリーフィンガーの基本パターンを覚える

 

スリーフィンガーのパターンは、指の動きを完全に覚えてしまいましょう。

弾いている最中に、(次はどの指で・・・)とか、考えません。

指が勝手に動くぐらい、何度も繰り返し練習します。

!!覚えたら、譜面を見るのをやめてみてください。!!

 

では、動画をご覧ください。

 

スリーフィンガーの基本パターン

 

動画ではGのコードを押さえて弾いています。

まずはGだけで、スリーフィンガーの基本をマスターしてください

もう一つ、動画でポイントを紹介します。

 

手がグラグラしたり、他の弦ばかり間違えて弾いてしまう、という方は手を固定すると良いと思います。

慣れてきたらボディから手を離して練習してみてください。

ちなみに私の場合は、ボディに手や指は付けないで弾いています。

 

 

各コードを弾けるようになったら、前半部分を練習してみよう

 

Gでの基本パターンは覚えられたでしょうか。

その後、各コードのパターンを練習してください。

出来るようになったら、下のコード進行を見ながら練習してみてください。

 

イントロ~サビまでのコード進行(雑で申し訳ない)

wonderfullove1

 

 

スピードが速いですが、がんばってください!!

それでは後半の転調する前、コーダからのコード進行を練習していきましょう。

 

転調後~エンディングまでの練習

 

転調してからエンディングまでです。

まずはデモ演奏をご覧ください。

 

転調後のデモ演奏

 

それでは、転調後に出てくるコードを見ていきましょう。

A

A

 

C#m

C#m

D

D

 

E7

E7
 

F#m

F#m

 

Bm

Bm

B7(転調後はこちらを使用します)

B7(2)

 

C#7

C#7

 

エンディング(A→Asus4)

outro

 

 

 

各コードのパターンが覚えられたらコード進行に合わせて弾いてみましょう!!

 

コード進行に合わせて弾いてみる

転調後のコード進行

wonderfullove2

 

 

と、言う訳でざっくりと解説しましたが、動画と各コードのパターンを見ながら練習していけば弾けると思います。

 

テンポが速いですが、がんばってください。最後までご覧いただき、ありがとうございました!

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
福田伸也1stソロアルバム発売中です!
多彩なギターサウンドで送る、全曲フルオルジナルアルバム。
ご購入はこちらから↓↓

関連記事

  1. NO IMAGE
  2. NO IMAGE
  3. NO IMAGE
  4. NO IMAGE