ストレングス・ファインダー2.0をやってみた。

皆さんお元気ですか。少し前に流行ったものらしく、流行遅れ感はあるが、「ストレングス・ファインダー」という本を買いました。

「ストレングス・ファインダー」を知らない人のために簡単に説明すると、

これはギャラップ社という会社が40年にわたって人の持つ資質を研究した結果、34個の資質を導き出した、というもの。

例えば、「共感性」や、「慎重さ」
または、「責任感」や、「学習欲」を持つ人もいれば、「分析思考」や、「未来志向」の資質を持つ人もいる。

 

では、あなたはどのような資質を持っているのか?

自分がどのような「資質」を持っていて、「何が得意」で、「何が苦手」なのかを知っておくという事は人生においてとても重要な意味を持つのではないかと思います。
「苦手」なことに時間をかけるよりも、「得意」な事を伸ばしたほうがより良い結果が得られる、というのはギャラップ社の研究の結果で明らかになっているそうです。

それでは、自分の「資質」を知るためにはどうすればよいのか?
それはオンラインでテストを受ければ、その結果の上位5つの資質を教えてもらえるというものです。

テストを受けるには、まず「ストレングス・ファインダー」の本を買う(新品でないといけない)。
本の巻末に、一度限りで使えるコード(パスワード)が付いてくるので、それをギャラップ社のウェブサイトで入力し、テストを受ける。

テストはシンプルな選択式のテストだが、量が多いため30分ほどかかり、一つの質問に対して20秒の制限がある。
なぜ20秒なのかというと、「よく吟味して考えた答えよりも、直感で選んだ答えの方が、よりその人の本質が表れやすい」との理由だそうです。

早速テストを受けてみたところ、自分専用の結果が出てきて、プリントアウトできるようになっていました。

僕の上位5つの資質は以下のようになりました。

  • 包含
  • 活発性
  • 個別化
  • 達成欲
  • ポジティブ

「活発性」や「達成欲」、「ポジティブ」 については、語らなくてもわかると思うが、「包含」「個別化」はちょっと面白かったので紹介します。

 

「包含(ほうがん)」
この資質を持つ人は他人を受け入れることができます。人の輪から外れている人に注意を払い、そのような人を輪に入れようと努力します。

この資質は自分でも意識していなかったのでビックリしたが、実はすごく当てはまっていて、
例えばギターのグループレッスンなどでレッスンをしていて、一人だけ出来てない人がいたら、僕はすごく気になってしまってしょうがないのだ。
それで、出来る人から授業の進みが遅いとクレームを受けたこともある。そんな経験もあって、今では出来る限りバランスをとるように努力をしているが、これがなかなか難しい。こういう行動は自分の資質によるものだったんだなぁ、というのがよくわかって面白かったです。

 

それからもう一つは、
「個別化(こべつか)」
この資質を持つ人は、人がそれぞれ持つユニークな個性に興味をひかれます。異なるタイプの人たちの集団をまとめ、生産性の高いチームを作ることに長けています。

とのこと。これで思い当たることは、何人かのチームで仕事をする際に、その人達の特徴や、良いところをめっちゃ考えているということ。これは言われないと気づかなかったことで、当たっているなあと思いました。

 

逆に、僕にはない資質も分かりました。
それは、「計画性」「戦略性」が全くないということ。

要するに戦略を練るのが決定的に不得手なのだが、
アイデアを出したり、人の個性を生かしてチームを作る事には長けているので、「計画性」のある人と仕事をすると、すごく生産性があがるそうです。

誰か、戦略と計画をして僕に仕事をくださいw
なんちゃって。

 

と、このように「ストレングス・ファインダー」では自分の資質を知ることが出来ます。
先にも書いたが、自分の何が「強み」で、「弱み」は何なのか。

それを知っておくという事はプラスになることはあっても、マイナスになるということはないんじゃないかと思います。

皆さんも興味があったらぜひやってみてはいかがでしょうか。ではまた。

P.S
「即興」で「みんな」で、「達成感」を得る。この結果を見て、ああ、だから僕はJAZZが好きなのか、と思った(苦笑)。


福田伸也1stソロアルバム好評発売中!
エレキギター、アコースティックギターを含む多彩なギターサウンドで送る、全曲フルオルジナルアルバムです。
↓↓Amazon、iTunesでのご購入はこちらから



関連記事

  1. 2016.04.16

    今宵の月。