TASCAM VL-S3BTというモニタースピーカーを購入した話。

最近、自分の音源をレコーディングしたりしていて、モニタースピーカーが必要になったので物色。

ヤマハのスピーカーが評判が良い。

しかし、もう少し安いもので物色していると、TASCAMのものが評判がよろしい。
いろいろ調べてみるとTASCAM VL-S3BTというスピーカーが非常にコスパが良いらしいという事が分ったのでこれを買うことにした。

ちなみに、Bluetoothなしのほうも売っているが、たいして値段は変わらないので、今から買うならBluetooth付きの方が便利でしょう。

開封してみましょう。こちらがパッケージ。

開けるとまずはアダプターが入っています。

多言語ひとまとめのマニュアル。

これが本体。ちっさ!

かなり小さいですが、安物っぽさはなく、質感はなかなかよろしいです。っていうか、イイと思う!

こちらが左スピーカー。各種入力や、電源スイッチなどがまとまっています。

スピーカーケーブルはここに差し込みます。懐かしいね、こういうの。昔のレコードコンポとか、思い出しますね。

こっちにも。

PCとの接続にはAmazonベーシックのステレオミニプラグを使いました。

 

少しリスニングしてみましたが、さすがにモニタースピーカーらしく、クセがなくて、とっても良い音。

ボリュームつまみ3ぐらいでも、めちゃデカイ音が鳴ります。

久しぶりに良い音で音楽を聴いたら、めちゃくちゃ感動した。

非常にオススメです。そのうち音質の比較動画などをアップする予定。

 


福田伸也1stソロアルバム好評発売中!
エレキギター、アコースティックギターを含む多彩なギターサウンドで送る、全曲フルオルジナルアルバムです。
↓↓Amazon、iTunesでのご購入はこちらから



関連記事