7980円のストラト「PLAYTECH ST250」を買ってみた。

サウンドハウスがPB商品として販売しているPLAYTECHシリーズですが、今回はストラトキャスターを買ってみました。

主なスペックはこちら。

■タイプ:エレキギター
■シリーズ:ストラトタイプ(オリジナルタイプ)
■カラー:ホワイト
■ボディ:ホワイトウッド
■ネック:メイプル ボルトオン、ナチュラルマットフィニッシュ
■指板:ローズウッド、22F
■ナット幅:42mm
■スケール:648mm
■ピックアップ:シングルピックアップx3
■コントロール:1ヴォリューム、2トーン、5WAYスイッチ
■ブリッジ:シンクロナイズドタイプトレモロ
■付属品:ケースは別売りです。

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る

ホワイトウッドという素材のギターは買ったことがないですね。家具などに使用されるやや柔らかめの木材?のようです。

ストラトに使われている素材はアルダーかアッシュが主流。
安いのがポプラというのはよく見かけます。

このあたりにコストダウンの秘密もありそうですね。

しかし、7,980円のギターにいちいち文句をいっちゃいけません。
僕がギターを始めたころは安くても19,800円でしたから、良い時代になったものです。
初心者の最初の(コスト面での)ハードルをぐっと下げてくれる画期的な商品と言って差し支えないでしょう!

では見ていきましょう。

注文した翌日には段ボールに入った状態で納品されました。

必要最低限の梱包といった感じでいいですね。

開けてみると、なかなかいい感じの作りで、とても激安ギターには見えません。

トレモロブリッジなんかも必要最低限な感じで、そこまで安物感は感じられません。

「PLAYTECH」のロゴも主張し過ぎず、イイ感じです。ちょっとトラスロッドの入り口あたりが黒くなってるけどご愛敬ですね。
ペグも安いものが使われていますが、必要最低限の品質はクリアしているといった感じで使いにくさは感じません。

なお、フレットのバリは少しだけありますが、気になるといえば気になるし、気にならないといえば気になりません。
ネックポケットのあたりとか、値段が値段だけに塗装が割れたりしててもしょうがないなと思ってましたが、そんなこともありませんでした。

バックはこんな感じ。
なにせ安いギターですから、いろいろパーツを交換して遊んでみようかと思っています。

ネックはサテンフィニッシュというか、マットな感じのフィニッシュで手触りはサラサラとしていて、なかなか心地よいですね。

 

いろいろ試し弾きしてみたので興味のある方はYouTube動画をご覧ください。

 

サウンドハウスで見る
サウンドハウスで見る


福田伸也1stソロアルバム好評発売中!
エレキギター、アコースティックギターを含む多彩なギターサウンドで送る、全曲フルオルジナルアルバムです。
↓↓Amazonでのご購入はこちらから

関連記事

  1. 2018.08.11

    Cotton Clubへ。
  2. 2017.05.04

    大型連休。